Monthly Archives: 1月 2017

アフターケアもしっかりと

交通事故が起こった後に弁護士が行う仕事の一環としては他にも、アフターケアを行ってくれる点が挙げられます。具体的には、このようなアフターケアを行ってくれると言えるでしょう。

まず初めに、示談交渉が成立した場合、成立した後の支払い方法や、請求方法に至るまで、しっかりと金額の支払いが終わるまで付き合ってくれる弁護士さんがほとんどで、万が一支払いがないという事態になったりした場合、即座に相手側に連絡を取り、必要に応じて、法的処置を行ってくれるという点が、アフターサービスの一環だと言えるでしょう。

次に、全ての処理が終わった後に万が一トラブルが起きた際でも、即座に対応を行い、必要に応じて接近禁止令などの法的処置を行ってくれる場合があるということです。今までの経緯や事情を知っているからこそ、こうしたアフターサービスを即座に行ってくれるという所が多く、一度お任せしたら、今後何かあったときにすぐに頼りになるという弁護士さんが多いと言えるでしょう。このように、事件に関してだけではなく、その後の相談にも乗ってくれるところが多いのが、弁護士さんの大きな特徴だと言えます。

依頼者に適切な支持をする

交通事故の依頼主をサポートする弁護士さんの仕事の一種としては他にも、依頼者に適切な指示をするということも、弁護士さんの仕事の一環だと言えます。
例えば、交通事故に関してのサポートの他にも、このような仕事があると言えるでしょう。

まずは、交通事故の加害者が依頼主の場合。出来るだけ示談交渉などを有利に持っていくために、被害者の病院や被害者のご家族にお見舞いをしに行くことや、謝罪をしに行くことを進める場合があります。こうした行動を行うことで、相手側への印象が良くなり、示談交渉を行う際などに情状酌量の余地が生まれるケースがあることを分かったうえでこうした行動を進めてきますので、非常に頼りになると言えるでしょう。

次に被害者側からの依頼をされた場合ですが、その場合は出来るだけ早く病院に行くことをお勧めされます。人身事故の場合は特に、病院に通っている分、賠償金や医療費の実績が積まれていきますので、そのことを理解したうえで、病院に行くことを進められるのです。また、後遺症が残った場合の症状の固定をするとそれ以降の医療費は請求できなくなります。その見極めのタイミングなどについても、弁護士からアドバイスをしてもらえることでしょう。
このように、被害者側が有利になるためのアドバイスを行ってくれる点も、エキスパートならではです様々な指示をもらうことが出来る点が、弁護士相談をするメリットだといえるでしょう。

事故内容を把握する

まず弁護士さんが行ってくれる仕事として挙げられるのが、事故内容の把握に関してです。当事者である加害者、被害者の事故当時の状況をはじめ、事故がなぜ起こったのか、事故原因など、交通事故に関して徹底的に調べ上げたうえで、その後適切な処理を行ってくれますので、当事者がよくわかっていなかった部分も、客観的に見て判断し、必要に応じて法的サポートを行ってくれるのが、弁護士の仕事の一環であると言えるでしょう。

例えば、加害者に100パーセントの責任があるとされている交通事故の場合でも、弁護士の調べによって、被害者にも問題があったという場合や、被害者が圧倒的な原因の交通事故と特定された場合、今までの意見が覆り、賠償金額や後遺障害の等級なども全く異なってくるケースもあると言えるでしょう。

交通事故の内容を把握したうえで、示談交渉に臨み、出来る限り依頼主が不利になってしまわないように、有利に進むことが出来るように話を持っていくことも、弁護士の得意技として知られています。こちらは弁護士さんの得手不得手にも寄るかと思いますが、交通事故関連のエキスパートの弁護士さんであれば特に、出来るだけ依頼主の意向をくみ取って、より近い状況に持っていくことが出来るように話を進めていくでしょう。

交通事故時の弁護士の仕事

交通事故が起きた後、保険会社にその後の処理を依頼するという方や、自力で交渉をするという方など、様々なタイプの方が居るかと思いますが、元もメジャーな処置方法として挙げられるのは、やはり弁護士に依頼をするという方法です。弁護士は法律のエキスパートで、交通事故関連に詳しい方であれば、こちらが何も言わずともある程度対応の流れもわかっていますし、最善な方向に持っていってくれますので、安心してお任せすることが出来ると言えるでしょう。

交通事故が起きた後に弁護士に依頼をするという場合、対応してくれる仕事挙げられるのは、示談交渉などを始めとした交渉に関する仕事、必要書類の作成、記入、その後の賠償金の請求方法や支払い方法の提示、後遺症の障害等級取得などを始めとした、様々な交通事故に関しての雑務になります。また、それだけではなく、万が一相手側ともめた場合の仲裁や、法的対処などを始めとした、サポートを行ってくれる点が挙げられるでしょう。もちろんこれらは弁護士の方によっても異なりますのであくまで一例にはなります。

交通事故が起きた後は、加害者でも、被害者でも、何かと不安定になりやすいものですので、出来るだけ頼りになる存在にそばにいてもらいたいと考えるのが自然です。こうした事故が起きてしまった時こそ、法律に詳しい弁護士へ交通事故対応の手続きを相談することで、解決のための近道になるでしょう。