依頼者に適切な支持をする

投稿者: | 2017-1-21

交通事故の依頼主をサポートする弁護士さんの仕事の一種としては他にも、依頼者に適切な指示をするということも、弁護士さんの仕事の一環だと言えます。
例えば、交通事故に関してのサポートの他にも、このような仕事があると言えるでしょう。

まずは、交通事故の加害者が依頼主の場合。出来るだけ示談交渉などを有利に持っていくために、被害者の病院や被害者のご家族にお見舞いをしに行くことや、謝罪をしに行くことを進める場合があります。こうした行動を行うことで、相手側への印象が良くなり、示談交渉を行う際などに情状酌量の余地が生まれるケースがあることを分かったうえでこうした行動を進めてきますので、非常に頼りになると言えるでしょう。

次に被害者側からの依頼をされた場合ですが、その場合は出来るだけ早く病院に行くことをお勧めされます。人身事故の場合は特に、病院に通っている分、賠償金や医療費の実績が積まれていきますので、そのことを理解したうえで、病院に行くことを進められるのです。また、後遺症が残った場合の症状の固定をするとそれ以降の医療費は請求できなくなります。その見極めのタイミングなどについても、弁護士からアドバイスをしてもらえることでしょう。
このように、被害者側が有利になるためのアドバイスを行ってくれる点も、エキスパートならではです様々な指示をもらうことが出来る点が、弁護士相談をするメリットだといえるでしょう。